工場の進捗

2022.08.10

4月から着工し、骨組みが出来上がってきました。

杭工事から始まり、少しずつ基礎ができてきて、、、

雨の影響がありながらも工程も大きく遅延することなく進んできました。

そして、鉄骨が組み立てられると、やっとボリュームが見えてきました。

外壁も貼られ、休み明けからはいよいよ内装工事です。

暑い中、黙々と仕事を続ける職人さん達には頭が下がる思いです。

竣工まで残り1か月半!!!

2022年

2022.02.01

前回の記事から更新ができず、、、

気が付けば2022年、そして1月があっという間に過ぎ2月になってしまいました。

昨年は新築戸建住宅の完成や、新しいお仕事への取組みも増え、

たくさんのお仕事をさせていただきました。

今年は、新築の工場の現場や戸建のデザイン監修も始まります。

現場状況もまたお知らせできたらと思います。

インスタは随時UPしておりますので、インスタもご覧ください。

フォローも宜しくお願いいたします。 @base_ao

戸建住宅

2021.04.01

戸建住宅の現場です。

もうすぐ足場もばれ、建物の形が見えてきます。

設計者として足場がばれる瞬間が一番ドキドキします。いつまでたっても慣れないものです。

お客様のこだわりがたくさん詰まった住宅、

竣工まであと少し、引き続き現場監理をしっかりと行っていきます。

スタッフを募集します

2020.10.25

baseでは設計スタッフを募集しています。

 

プロジェクトに即戦力としてかかわって頂ける経験者の方(正社員またはパートタイム)、

または 設計パートナーの採用となります。

 

新築マンションの設計・デザイン監修やリノベーションの設計・監理など、

建物に関するデザイン提案を行っています。

「心地よく暮らす拠点づくり」をコンセプトに

人が快適であると感じる空間を提供していきたいと考え設計業務に取り組んでいます。

 

新しく加わる設計スタッフの方にも、クライアントと直接コミュニケーションをとり、

施主との打合せから、企画・提案・設計・監理まで責任をもってプロジェクトに取り組んで頂きます。

 

スタッフと意見を出し合いながら、共に新しい環境をつくっていきませんか。

 

過去に設計事務所で経験を積まれ、更なる経験値を上げたい方、

我々の仕事に携わってみたいという方、ご連絡をお待ちしています。

 

■採用条件

・設計力、デザイン力に秀でた方

(JW-cad、AutoCAD、Illustrator、Photoshop、弊社環境windows)

・コミュニケーション能力に秀でた方

 

■待遇

・給与:【正社員】月25万円~30万円(能力に応じて応相談)

    【パート】時給1,020~1,500円

    【設計パートナー】契約内容に応じて応相談

・交通費:別途支給(社内規定による 最大¥20,000/月まで、※パートは¥500/日まで)

・賞与 :業績による 過去5年、年1回給付実績

・休日休暇:水・日・祝祭日 GW・夏季・年末年始

・社会保険完備、健康診断あり(正社員のみ)

 

■選考方法及び応募書類

履歴書(志望動機含む)、ポートフォリオ(過去の作品がある方)

書類による1次選考後、面接の上、試用期間(1~3ヵ月程度)を経て採用となります。

弊社まで郵送にてお送りください。(担当:青木)

 

 

 

 

 

書斎をつくる

2020.05.09

リモートワークのため、家で仕事をする機会が増えました。

私たちも、過去に書斎やワークスペースを設計しましたので、

いくつか紹介させていただきます。

 

1.完全書斎型

常に家で仕事をすることが多い方は、独立した書斎があると便利です。

 

2.部屋の一角に作られたワークスペース

リビングの一角に作られたワークスペースでは、家族の気配を感じながらも

少しこもった場所で作業ができます。

キッチンの横にワークスペースを作れば、家事スペースとしても利用できます。

また、お子様の勉強机として利用すれば、料理をしながらお子様の様子がうかがえます。

 

3.通路や隙間を利用したワークカウンター

通常より広い通路部分や、壁と柱の隙間空間にカウンターを設置するだけで、

ワークスペースが作れます。

 

・家族が多ければ多いほど、どこで作業をしたらいいのか・・・

・生活音が気になる・・・

・ビデオ電話の時の背景が気になる・・・

・ネット環境は大丈夫か・・・

など、今回のリモートワークで新たな気づきが出てきたのではないでしょうか。

私たちも、改めて家づくりについて考えさせられるきっかけになりました。

 

今後、どのような働き方になるのか分かりませんが、

これから家を造られる方、プチリノベしたい方、是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

鉄骨原寸検査

2020.03.25

栃木県にある鉄骨加工工場にて原寸検査を行いました。

 

以前は、床に鉄骨の平面寸法や高さ寸法を実物大で書き、

その原寸図が設計図と相違がないかを確認していたのですが、

現在では、コンピューターの普及によりCADで原寸図が作成できるため、

床に原寸図を書くことはあまりないとか・・・

今回も画面を見ながら、寸法や部材の取合いなどを確認していきました。

納まりが違うところはCADで修正しながら、全員で確認していきます。

 

製作図の確認が終わると、テープ合わせです。

現場で使用する鋼製巻尺と鉄骨工場で使用する鋼製巻尺を合わせて

メジャーに誤差がないかを確認します。

 

その後は、工場内をぐるっと。

別の現場で使用する部材などがずらりと並んでいます。

現地では組み立てるだけなので、この工場で製作図をもとに部材が造られていきます。

加工精度が求められる作業、本当に頭が下がる思いです。

 

 

 

 

新築マンション竣工

2020.03.12

弊社がデザイン監修させていただいたマンションが竣工しました。

細かい納まりを指示しながら進めていった現場だったので、

出来上がりを検査がてら見にいきました。 

見て気になったところは、現場所長と打合せをして是正方法を決めていきます。

 

また、このマンションにはジムも併設されています。

無機質の空間の中に一部木パネルを採用したシックな空間です。

眺望も良いので、気持ちよく運動ができるはず!!

 

他にもゲストルームがあったり、住む人にとって便利なツールがたくさん計画されています。

後日、竣工写真もUPしますので、是非ご覧ください。

 

 

 

 

シェアオフィス完成

2019.12.25

リノベーションをしたシェアオフィスが完成しました。

8フロアのうち3フロアをワークスペース、最上階をラウンジとして作り込んでいます。

 

ワークスペースのブースレイアウトは、ブース数や大きさなど何度もシミュレーションをして決めています。

どうしても窓のないブースができてしまうのですが、仕切りをガラス貼とすることで、

内側のブースも暗さを感じさせない明るい部屋となっています。

 

ラウンジには誰もが使える大きなキッチンを配置。

キッチン前のスペースには可動式の机を配置し、使い方に合わせて様々なレイアウトができます。

シェアオフィス利用者の交流の場としても、使ってもらえると良いですね。

ブース、コワーキングスペース、窓際カウンターなども設置しているので、

カフェのような使い方で作業をすることも可能です。

写真はラウンジ入口です。

 

また、エントランス部分もリノベーションをしています。

アンティークなブリックタイルとステンレスのメールボックスが良い感じで対比されていて、

それぞれの良さが際立っています。

 

ラウンジの様子など、その他の写真は後日UPする予定ですので、是非ご覧ください。

 

 

 

 

建物のバリューアップ

2019.12.12

今年もたくさんの建物バリューアップに取り組むことができました。

既存建物の共用部にひと手間を加えて、建物をより価値あるものへとするための設計です。

 

今回紹介するのは、渋谷区にある事務所ビルのバリューアップです。

石張りのファサード部分は、既存のイメージを払拭すべくルーバーを細かく配置し照明を仕込みます。

建物の構えができ、昼と夜とで違う表情を見せてくれる建物へと設えました。

↓↓↓

 

エントランス内部は、外観イメージをそのまま内部に取り入れるような形で計画しています。

木目のルーバーと無機質なコンクリート調の壁が対象的で空間に奥行を与えてくれます。

 

私たちは、素材の切替や照明効果など、様々な角度から空間をつくることを日々心がけています。

既存建物の良さを生かし、新たな要素を組み込む。

そんな楽しい設計を今後もしていきたいです。

 

 

 

 

シェアオフィス外観

2019.11.20

シェアオフィスの工事もいよいよ大詰めです。

 

内装工事はさることながら、建物の外観もバリューアップを進めています。

建物外観は基壇部分にルーバーを設置して、夜になるとライトアップされるデザインとしました。

ルーバーピッチや照明間隔・長さを詳細検討し、試験点灯!

建物を見上げると、良い感じです!!!

大通り沿いに建つ建物なので、存在感を増した建物になりそうです。